ホーム > プログラムの特長 > ホームステイ/ドミトリーステイ+語学研修

ホームステイ/ドミトリーステイ+語学研修

海外研修には、主にその国の一般家庭に滞在する「ホームステイ」と、大学などの寮に滞在する「ドミトリーステイ」の2種類があります。
どちらにもそれぞれの良さがありますので、研修の目的や内容、参加人数などを考慮し、滞在地域および滞在スタイルを選択していきます。

ホームステイと語学研修プログラム サンプル日程

ホームステイと語学研修プログラム サンプル日程図

ホームステイ:ホストファミリーとの対面

ホストファミリーとの生活を通して、生活様式を学びます。

アイネッツがご紹介するホストファミリーは、下記の点を基本としています。

  • 海外の文化に興味があり、研修生をボランティアで受け入れてくれるファミリー。
  • ヒスパニック系・アジア系・日系など、家族構成はさまざまでも、原則は家庭内で主に英語を話しているファミリー。
  • 研修生を受け入れる意思が明確にあり、参加者が安全に生活できることが保証できるファミリー。

初めてホストファミリーに対面する時は、「どんな人たちなんだろう」「自分の英語は通じるのだろうか」など、ドキドキされることでしょう。ただ、どのホストファミリーも明るく皆さんを迎えてくれますので、心配するよりも自分の言葉でどんどん話をしてみてください。言葉が通じると、きっと英語で話すことの楽しさを実感できます。

写真:ホームステイ

語学研修

有資格者による口語英語を中心とした実践的な語学研修を行います。

英語授業は主として午前中に行われ、ESLの有資格者が指導を担当します。その国の文化・慣習への理解を深めながら、コミュニケーション能力の向上に焦点を当て、実践的な英会話を学んでいきます。
1クラスは通常15名前後で編成され、参加者の皆さんの英語レベルによりクラス分けを行い、独自の教材によって楽しく学べるようになっています。

※ESL: English as a Second Language 「第二言語としての英語」。留学生や移民など、英語を母国語としない人が第二言語として英語を学ぶためのクラスで、資格を持った教師が授業を担当します。

写真:語学研修

カンバセーション・パルとのコミュニケーション

その国の同年代の人たちとの交流を通じて、
生きた英語を楽しく学んでいきます。

「カンバセーション・パル」は、アイネッツプログラムの特長の一つで、参加者の皆さんと同年代の若者に一緒に英語クラスに参加してもらうことができます。彼らから直接発音や語彙を教えてもらい、一緒に課題に取り組むことで、文字どおり生きた英語を使ったコミュニケーションが身に付いていきます。 また、授業以外のアクティビティにカンバセーション・パルが参加することもあり、友達と遊びに行っている感覚で会話が弾みます。

写真:カンバセーション・パルとのコミュニケーション

ホスト校での短期留学体験

現地学校の授業に参加し、ディスカッションを通じて
お互いの文化や習慣への理解を深めます。

海外研修期間中、現地学校の授業に参加して短期留学体験をすることが可能です。実施条件は研修の時期や参加人数などにより異なりますので、研修計画を立てる際に皆さんの目的や要望を伺いながら検討していきます。

写真:ホスト校での短期留学体験

課外活動

ボランティア活動、周辺地域の見学など、新しい体験ができます。

研修の日数にもよりますが、現地で老人ホームや幼稚園を訪問し日本文化の紹介などのボランティア活動をすることで、色々な人たちと交流することができます。また、滞在地域の見学をすることで、その国への理解が深まり充実した研修への一助ともなります。
皆さんも良く知っている有名なアミューズメントパークへ行ったり、アメリカの一部都市では大リーグ観戦などの機会もあり、きっと時間がいくらあっても足りないと感じることでしょう。

写真:課外活動


 

写真:課外活動

ドミトリーステイ

現地の学生と同じ場所で同じ時を過ごし、お互いの文化を学び合えます。

ドミトリーステイの良さは、現地の学生が普段過ごしているキャンパスで同じような体験ができるところにあります。各部屋にはベッド、クロゼット、机などが備えつけられており、コインランドリーも利用できます。
また、食事はキャンパス内のカフェテリアでとりますが、世界中から学生が集まっていますので、滞在国以外の学生とも親密になりお互いの文化を学び合える絶好のチャンスです。

写真:ホスト校での短期留学体験